トップページ > 喉によい食べ物について

喉によい食べ物について

扁桃腺の腫れや炎症を改善するには抗生物質を服用するしかないのでしょうか。最近では抗生物質を服用するよりも、ハーブや漢方薬で改善しようという方法が注目を集めているようです。

 

しかし、もっと手軽にできる方法というのもあります。いわゆる民間療法といわれているものなどを使うことですね。ここではそうした民間療法を紹介してみたいと思います。喉に良いとされている食材は幾つかあります。その中には扁桃腺炎などの症状に効果的もありますので、試してみるといいでしょう。

 

喉の症状の改善に効果的なものといえば、はちみつではないでしょうか。風邪をひいたときや喉に違和感のあるときなど痛みや腫れを緩和してくれます。ハチミツには抗菌作用や抗炎症作用というものがあり、古来より治療薬として用いられてきました。抗ウイルス作用もあることから、扁桃腺炎の予防にも有効だといわれています。ハチミツは応用できる範囲も広く、飲み物に加えたり、うがい薬にくわえることでも効果を発揮します。

 

また、たまねぎも扁桃腺の痛みには良い食べ物とされています。タマネギをすりおろした汁を脱脂綿などにひたしてから扁桃腺に塗ると、痛みが和らいできます。生のタマネギだと臭いがかなり強いですので、その香りが苦手な方は蒸し焼きなどにしてから潰すといいでしょう。タマネギとハチミツを混ぜたモノにも効果があり、おすすめできます。

 

扁桃腺の腫れには野蒜が効果的です。蒸した球根の部分をハチミツと練り合わせて患部に塗るか、食べるといいでしょう。また、レンコンも扁桃腺の腫れを鎮めてくれる食材として知られています。葉を煎じてさましたものをつかってうがいすることで扁桃腺炎の腫れをおさえるとされています。

 

扁桃腺を守るためには病気に罹らないようにするというのが重要になってきます。免疫力を高めるといった効果がビタミンAを含んだ食べ物を摂取していくと予防の効果にもつながるでしょう。ビタミンAが豊富な食材としては、ウナギや小松菜、かぼちゃ、チーズ、春菊などがあげられます。こうした食材を積極的に摂っていくことで、扁桃腺の痛みや腫れを予防することに期待がもてます。

 

ただし、こうしたものの効果というのは個人差があるものです。ですが、扁桃腺の症状を抑えるという効果は期待できます。ですので、興味があるのなら、いちど試してみてはいかがでしょうか。